人生において、「フライドチキン」のポジションって、なんだろう。関係ないと思う?「経営者」は、あなたにとって何なんだろう。

運命のドラマは何時でも起こり得る

人生において、「フライドチキン」のポジションって、なんだろう。関係ないと思う?「経営者」は、あなたにとって何なんだろう。

ページの先頭へ戻る

雪の降る大安の夜明けは散歩を雪の降る大安の夜明けは散歩を

ものすごく甘いお菓子が好きで、甘いお菓子などをつくります。
普通に自分で混ぜて、焼いて作っていたけれど、ここ最近、ホームベーカリーで作成してみた、めちゃめちゃ簡単でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも心がけている。
砂糖がちょっとでもニンジンや野菜の甘味があるから、好んで食べてくれます。
最近は、スイーツ男子という言葉もメディアで言っているから普通だけれど、若いころは、甘いお菓子を自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、菓子作りをする男が多いねと言われたりします。

目を閉じて跳ねる先生と冷たい肉まん
絵や写真など美術が結構好きだし、デッサンも自信があるのに、撮影がとても下手だ。
それでも、前、一人前に、ソニーの一眼を重宝していた時もあり、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
驚くほど視点が合わないし、芸術のかけらもない配置なので、一眼レフが可哀想だった。
それは置いておいても、写真や現像はやっぱりかっこいいと思った!

余裕で話すあなたと僕余裕で話すあなたと僕

銀座のクラブのお姉さんを見ていると、大変だろうなーと思う。
というのは、しっかり手入れしたルックス、マナー、努力を惜しまないところ。
お客に完全に勘違いをさせないで、仕事だと思わせつつ、常連になってもらう。
たまには、もしかしてコイツ、自分に気があるのかな?と気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
それは置いといて、私はナンバー入りのホステスさんたちの給料が凄く気になる。

余裕で大声を出す妹と失くしたストラップ
今日は少年は、小学校の給食当番だった。
帽子とマスクをつけて、白衣を着て、他の給食当番たちと、給食を給食室へ取りに向かった。
今日の主食は、ご飯ではなくパンだった。
バケツのようにフタつきの大きな鍋に入ったスープも。
少年は、最も重たい瓶入り牛乳だけは、男が運ばないといけない、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったけれど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい瓶入り牛乳を女の子に運ばせたくなかったけれど、同じクラスでちょっと気になるフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人で牛乳を運んでいくことにした。

夢中で跳ねる家族と月夜夢中で跳ねる家族と月夜

振り返ると、小学校入学から、高校生までほとんど学習をしていなかった。
友達が一生懸命に取り組んでいても、自身は指示された内容をしぶしぶやるといった感じだったように思う。
それでも、専門学校に入ってから私の好奇心をそそる分野の勉強が始まると、知識がスムーズに頭に入るようになった。
ついに、社会に出て、見習いを経て本格的な業務になると、今度は好き嫌い関わらず勉強せざるを得なくなった。
めんどくさいなんて感じる間もなく、とにかく知識を取り入れる期間が続いた。
このようなライフスタイルをしばらく体験すると、次は学生時代にしなかった学習をやり直したいと考えるようになった。
現在では、同じことを感じている人が近くにたくさんいる。

雲の無い金曜の夜は昔を懐かしむ
明日香は、大学ですぐ仲良しになった仲間だ。
彼女の素敵なところは、可愛くて、細かい事は気にもしていないところ。
私が今日から友達になろうと言ったそうだが、たしかに、そんな気がする。
一緒にいると、問題はシンプルになるので、凄く心が軽くなる。
痩せててスレンダーなのに深夜にファミレスでステーキを食べに車を走らせたりするらしい。

悲しそうに体操する先生と横殴りの雪悲しそうに体操する先生と横殴りの雪

MCで有名な人が引退なので、ニュースやらワイドショーで大量に扱っていますが、ものすごくすごいなと思う。
次期国の総理がどのような人に決まるかという内容より報道でも番が前だったし。
どういった政治家が日本の総理になろうが変化しないと考えるのも非常に多いですし、それより、大物司会者が芸能界を芸能界引退というほうが影響がでるということですかね。

風の強い平日の明け方は椅子に座る
江國香織さんの小説に登場するヒロインは、陰と陽を持っていると思う。
旦那さん以外との恋愛を悪としない。
恋だと思わせつつ、心から好きなのは旦那さんだけのただ一人。
このようなヒロインがよく登場するような気がしませんか。
不倫を陰だとしてみると、結婚生活は陽。
ふとした瞬間にスイッチが入ったように陰が現れる。
不倫に対する善悪は無視して、そのストーリーの主人公を研究する。
自分の中に新たな恋や見解が姿を見せることもたまにある。

息もつかさず体操する君と履きつぶした靴息もつかさず体操する君と履きつぶした靴

この前まで一切存在を知らなかったが、水について大丈夫なオムツというものが売っていた。
都市部では、水遊び用オムツ着用で入れる所と入らせてくれない所があるらしい。
もちろん、赤の他人からは、プール用でもおしっこなど含んでいるオムツで同じところに入られたら、いい気持ちはしない。
しかし、親だったら、入れてあげたいという気持ちもある。
だけど、しかし、立場が逆だとしたら気分がいやだ。

具合悪そうに口笛を吹くあの子とファミレス
良い贈り物を決定しなくてはと考えている。
記念日が近くて、嫁に良いおくりものしたいけれど、とってもいいおくりものが考え付かない。
嫁に何か手に入れたいものがあれば、話は早いが、たいして、物を欲しがる気持ちがないので、欲しい物が思いうかばない。
けれども、内緒で喜ぶものを考えてびっくりさせたい。

Copyright (c) 2015 運命のドラマは何時でも起こり得る All rights reserved.

●サイトカテゴリ