皆さん、「庭師」のことを考えてみよう。険しい顔するほど難しく考える問題ではないと思うんだよ、「教え子」の特色って。

運命のドラマは何時でも起こり得る

皆さん、「庭師」のことを考えてみよう。険しい顔するほど難しく考える問題ではないと思うんだよ、「教え子」の特色って。

ページの先頭へ戻る

怒って口笛を吹く子供と穴のあいた靴下怒って口笛を吹く子供と穴のあいた靴下

知り合いがこのごろ朝から釣りに出かけたらしいが、何匹しか釣れなかったらしい。
ザコがそこらじゅういて、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
だけれども、しかし大物のの50cmオーバーがあげれたらしいから、うらやましい。
何年か前にわけてもらって刺身で食したがとても好みだった。
50cmもあってうまい魚があがったと知ってしまったら早く行きたくなるが、もう少し我慢して今度だ。

具合悪そうに大声を出すあなたと月夜
その日は、宮崎に仕事に行った。
この辺はかなり暑い!
Vネックのカットソーの上から、スーツのジャケット。
汗まみれになりすぎて、スーツの背広はメチャクチャに。
宿泊先にまで到着して、上着をBODY SHOPの洗顔で洗濯した。
乾いたらそのジャケットはオレンジの香りがした。
上着が痛まないかと気になったけれど、それでも洗うべきだと思っていた。

そよ風の吹く月曜の夜明けに歩いてみるそよ風の吹く月曜の夜明けに歩いてみる

今使用している部屋は、クーラーも暖房もついていない。
そのために、扇風機と冷やした緑茶を飲みながら過ごす。
先日、扇風機をどかそうと思い、回転しているまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の歯が動かなくなったので「なんで?」と思い,手元を見た。
驚いたことに、邪魔をしているのは正しく自分の指だった。
怖くなって手を放すと、また元気に回転しだして、指からは出血した。
痛さも感じる間もなかったが、気を付けなければと考えた。

風の無い日曜の昼は読書を
きょうは、久しぶりに雨だった。
サビキ釣りの約束を妻としていたが、雷が鳴ってきたので、さすがに危険で行けそうにない。
一度、雨がやんだので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行ける準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
またの機会にと言って釣りざおなどをなおした。
明日からは晴れそうだ。
なので、今度こそ行ってみよう。
またの機会に行ける日にと言って釣りざおなどを片づけた。
明後日からは晴れが続くみたいだ。
なので、今度こそ行ってみよう。

喜んで跳ねる母さんとアスファルトの匂い喜んで跳ねる母さんとアスファルトの匂い

頼まれて、知り合いの所有地のモウソウダケの除去を協力してのだけれど、モウソウダケがすごくぎゅうぎゅうに生えていてつらかった。
竹林の持ち主が山の管理を親から受け継いだら、モウソウダケがたてこんで生えていて、除去しづらかったらしい。
私は、業務で利用する竹が手に入れたかったので、いただけるとなり、ありがたくて良かったが、竹やぶになった里山から出すのも大変だった。

ぽかぽかした平日の夜は想い出に浸る
去年の夏の真っただ中、ガンガン冷やした部屋の中で冷たいドリンクだけ摂取していた。
私はたまに熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必須だと考えたから。
冷えた部屋で、ノースリーブ、そしてレモンティーにハーゲンダッツなど。
だから、健康だと思っていた猛暑対策。
すると、やってきた冬の時期、いつもよりさらに寒さを感じることが増えた。
外に出る業務が増えたこともあるが、寒すぎてほとんど部屋から出れないという状態。
なので、たぶん、夏の生活は寒い時期の冷えにもつながると考えられる。
じゅうぶんにn栄養を摂取し、偏りの少ない過ごし方をするのがベストだと思う。

気持ち良さそうに吠える彼女とあられ雲気持ち良さそうに吠える彼女とあられ雲

かつて、父も母も、私の人付き合いに対し大いに積極的であることを求めてきた。
一般から遠のいては良くない、とか。
とてもきつい時代だったと考える。
学校が終わると、日課のように、嘘の話を嬉しそうに両親に話す。
そうすれば、安心したような顔を見せてくれる。
多少でも変わっていると、浮く。
こんなことばかり怖がっていた学生時代の自分と父と母。
切ない話だと今は感じる。

息絶え絶えで歌う彼女と夕焼け
作家、太宰治の斜陽、ファンの私は、伊豆の安田屋旅館に宿泊に行った。
共に本大ファンの友人。
ここ安田屋旅館は、彼がこのストーリーの章の一部を執筆するために滞在した海沿いの旅館。
一歩歩くと、ミシミシと、音がする。
見せてもらったのは、太宰治が宿泊した上の階の小さな部屋。
雪をかぶった富士山が半分だけ、頭を見せていた。
旅館前の海の海面にはいけすがあった。
三津浜は足を運んだかいが大いにある。

目を閉じて熱弁する彼女と草原目を閉じて熱弁する彼女と草原

離れた里に住んでいる母も孫の為だといって、めちゃめちゃたっぷり手作りのものを作成して届けてくれている。
アンパンマンがとっても大好きだと話したら、そのキャラクターの布で、裁縫してくれたが、布の金額がすごく高価で驚倒していた。
縫物の為の生地は縦、横、上下の方向が存在していて手間だそうだ。
だけど、しかし、多く、作成してくれて、届けてくれた。
孫娘は大変かわいいのだろう。

雪の降る祝日の夕暮れにゆっくりと
今季は、海に入りに行っていないが、楽しみにものすごく行きたい。
まだ、自分の子供が2歳なので、波打ち際で砂遊びぐらいなのだけれど、想像するけれど興味をもってくれると思う。
だけれども、しかし、子供は、オムツをつけているので、他の遊んでいる人の事を考えたら海に入れないのがいいのではないだろうか。
プール用オムツもあるが、嫌な人もいて問題になっているらしいので。

Copyright (c) 2015 運命のドラマは何時でも起こり得る All rights reserved.

●サイトカテゴリ